“奈良を代表する観光スポット 世界遺産 華厳宗大本山 東大寺“

奈良に出向くことが増えてきて、時間がとれた時に撮影に行こうと決めていた「東大寺」。

ここ最近、海外からの渡航が制限されているので、観光客は少ないですが、そういうときにしか撮影できないものもあるので、動画の撮影してきました。

こちらは、東大寺大仏殿に向かって最初に見ることができる国宝建造物の「南大門」。
思っている以上に大きい建物で、圧倒される存在感があります。

実際には、奈良におでかけいただいて、ご自身の目でご覧頂きたいのもありますが、修学旅行で訪れたことのある場所も、歳を重ねて再び訪れる場所というのは、その当時には感じられなかったものを、あらためて目にすることができるのがいいものだと実感させられます。

南大門をくぐり、左手には、東大寺ミュージアムがあり、更に先に進むと、中門。
大仏殿への入り口は左に向かって進みましょう。

出入り口にて、入場券を購入し、いよいよ大仏殿へ。
その手前には、八角灯篭、そして大仏殿(金堂)。

動画をご覧いただくと、大仏殿の大きさがよく分かると思いますが、世界でも最大級の木造建築物でもある大仏殿。
扉の大きさもさることながら、建物自体の大きさには鳥肌が立つほど驚かされます。

そして、奈良の大仏様を目の当たりにして、その大きさと引き込まれるような迫力を直接、その目でご覧いただけたらと思っています。

 
詳しい解説や由来など、細かく説明は控えますが、いつか、また旅行を安心して楽しめる時期がきたら、ぜひ奈良へお出かけの際に、東大寺に立ち寄ってみてはいかがでしょうか
 

華厳宗大本山 東大寺

 

〒630-8211 奈良県奈良市雑司町406-1
http://www.todaiji.or.jp
公式Facebookは こちら
公式Instagramは こちら