沖縄・那覇 話題の都市観光ホテルで様々な沖縄文化にふれる一味違った沖縄旅を満喫できる!OMO5沖縄那覇 by 星野リゾート

HomeAll Over JapanMovie

沖縄・那覇 話題の都市観光ホテルで様々な沖縄文化にふれる一味違った沖縄旅を満喫できる!OMO5沖縄那覇 by 星野リゾート

沖縄県那覇市に、2021年5月に開業した「OMO5沖縄那覇 by 星野リゾート」

OMOブランドとして、東京大塚、旭川、京都東寺、京都三条に続き、寝るだけでは終わらせない、旅のテンションをあげる都市ホテルブランドとして、5施設目に誕生した話題のホテル。

外観や館内には、丸、三角、四角の幾何学模様で「OMO」の字を表した花格子が印象的です。

ホテル入口前には、やちむん(沖縄の焼物)で作られた、たくさんの風鈴が夏らしさを演出して、やちむんビアグラスで風鈴の音色を聴きながらビールを楽しむ「やちむんビアベース」が期間限定で開催されていました。(2022年8月末まで)

館内は、吹き抜けになった広々とした空間で、奥には「OMOカフェ」が併設されています。

フロントでのチェックインも、コロナ禍に合わせた非接触型で

タブレットでチェックインが可能です。

1Fフロアは、これまでいろいろなOMOブランドのホテルをご紹介してきましたが、OMO5沖縄那覇は1Fと2Fすべてが「OMOベース」として設計されていて

こちらが、OMOスタッフがオススメするホテル周辺のお店や観光スポットが紹介された「Go-KINJO MAP」が設置されたロビースペース。

館内の至るところに沖縄らしいディスプレイが設置されていて、「星野リゾート」の「星」を取り入れた特別なシーサーがお出迎えしてくれます。

その他にも、いろいろなグッズを購入できるスペースも設置されています。

2Fフロアは、「ゆんたくライブラリー」を中心に、ロッカーやランドリースペースが設置されていて

こちらが、「ゆんたくライブラリー」。

沖縄の伝統工芸品がディスプレイされていて、沖縄の文化や民話、琉球料理やシーサーなど沖縄に関する書籍もたくさん並んでいて、テーブルやソファーなどで読書を楽しんだり、ゆったりと過ごせる空間です。

ロッカーやコインランドリーも設置されていて、長期滞在でも安心の充実した設備を完備しています。

今回は、OMO5沖縄那覇のパブリックスペース「OMOベース」を中心にご紹介させていただきましたが、次回以降はゲストルームやOMOカフェで味わえるグルメやスイーツをご紹介させていただきますので、ご期待下さい。

★タイプ別のゲストルームのご紹介記事はこちら

【 OMO5沖縄那覇 by 星野リゾート 】

〒900-0032 沖縄県那覇市松山1-3-16
TEL 0570-073-099
チェックイン 15:00
チェックアウト 11:00
https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/omo5okinawanaha/
公式Facebookはこちら
公式Twitterはこちら
公式Instagramはこちら

★いつもの取材とは一味違う、お店のリアルな裏側がみえる密着ロケ動画チャンネル FOOD TOURISM JAPAN ぜひチャンネル登録・高評価いただけると、とてもうれしいです。

Translate »