日本全国からオーダー殺到!1982年創業の県民に愛されるブエノチキン浦添!企業秘密のこだわり製法で焼き上げる絶品チキンのお店に密着!

HomeGourmetAll Over Japan

日本全国からオーダー殺到!1982年創業の県民に愛されるブエノチキン浦添!企業秘密のこだわり製法で焼き上げる絶品チキンのお店に密着!

沖縄・浦添市で1982年に創業し、今年で40年を迎えた沖縄県民のみなさんに愛される地元の名物店「ブエノチキン浦添」。

「秘密のケンミンSHOW」でも紹介されているのでご存知の方も多いかもしれませんが、この夏、ホテルロケのタイミングでYoutube取材で製造工程から密着させていただいた時のレポです。

ちなみに写真の看板は、2019年の台風で「ノの字」の看板が飛ばされてしまったそうですが、取材にうかがった頃に建設中で、9月にオープンした新店舗に、「ノの字」看板がディスプレイされているようです。

ブエノチキンでは、沖縄県産の国産鶏を使い

まる2日間漬け込む特製ダレや、手間ひまを惜しまず、年間4トンにもなる大量のにんにくを手作業で皮を剥き、カットすることで美味しさを最優先した企業秘密の製法で作られるブエノチキン。

熟練の焼き加減で焼きあげる絶品チキン。

朝から夕方まで、丸1日焼き続けても注文が追いつかないほどの人気で

ご予約いただいた受け取り時間に合わせて、温かいおいしいチキンを提供したいという思いから

焼き上がったチキンを、ご自宅で食べやすいようにカットする作業も大変です。

お受け取りの時間に合わせて、ひとつひとつアルミホイルに包んで、包装して、できたてをお渡ししています。

大量生産はせず、美味しいチキンを皆さんに召しあがっていただきたいという気持ちがうれしいお店。

店頭でのお渡しの他にも、お店で焼き上げたブエノチキンを真空パックして冷凍し、日本全国に発送する、オンラインショップも大人気。

テレビ放送があると、数ヶ月先まで予約がいっぱいになることもあり、最大で半年待ちになったこともあるそうですが、店内のオーブンを増やして、こだわりはそのままに、ネットオーダーに対応したこともあるそうです。

ブエノチキンの発送には、美味しく召しあがっていただくための取説(トリセツ)も同封されていたり

2代目のブエコさんと、発送担当のスタッフさんが一通一通、手書きでメッセージを添えて発送しているというところも、ブエノチキンをリピートしてくれる全国のお店のファンの方々が増え続ける理由なのかもしれません。

店舗の前には、初代店主のコウエイさんが、笑顔で出迎えてくれる冷凍自販機も設置されていて、今では沖縄県内のあちこちに自販機が増え続けているようです。

スタッフの皆さんもフレンドリーに接してくれて、いろいろなものがポップでかわいい自社でデザインしていたり、妥協のない味へのこだわりが感じられる沖縄の名物店「ブエノチキン浦添」さん。

下記に、密着取材の動画を埋め込んでおりますので、2代目のブエコさんのお客様に対する考え方や、ブエノチキンの美味しさの秘密など、長時間に渡り撮影させていただきましたので、こちらもご覧いただけますと幸いです。

 
沖縄へご旅行の方は、ぜひお店に立ち寄っていただいて、ブエノチキンを食べてみたいという方は、オンラインショップから「おトリ寄せ」してみてはいかがでしょうか。

詳しくは、密着ロケ動画チャンネルFOOD TOURISM JAPANからご覧いただけますので、ぜひチャンネル登録・高評価いただけると、とてもうれしいです。

【 ブエノチキン浦添 】

〒901-2121 沖縄県浦添市内間2-11-15
TEL 098-876-0452
営業時間 10:00~17:30
定休日 月曜
https://www.buenourasoe.com/
食べログページはこちら
公式Facebookはこちら
公式Twitterはこちら
公式Instagramはこちら
ブエノチキンのオンラインショップは https://www.buenourasoe.com/onlineshop/

Translate »