コンセプトは「なにわラグジュアリー」大阪らしいディプレイやおもてなしが満載の話題のホテル!OMO7大阪 by 星野リゾート

HomeKansaiTOPICS

コンセプトは「なにわラグジュアリー」大阪らしいディプレイやおもてなしが満載の話題のホテル!OMO7大阪 by 星野リゾート

2022年4月22日に、大阪市 新今宮駅すぐに開業した「OMO7大阪(おも) by 星野リゾート」。

開業から多くの方が利用されている話題のホテルに、動画取材にやってまいりました。
大阪らしいモチーフのディスプレイやサービス、OMOブランドならではの体験型アクティビティなど、たくさんのポイントがあるホテルで、ゲストルームやグルメなど特集でご紹介をさせていただきますが、今回は、OMO7大阪のロビーエントランスや施設をご紹介いたします。

まずは、ビリケンさんがお出迎えしてくれる1Fのエントランス。

広々とした空間で、送迎バスを待つ方やチェックイン前に休憩できるスペースも完備。

2Fは、ホテル周辺の案内マップ「ご近所マップ」が設置され、OMO7大阪では、大阪の観光スポットが配置された特大のものが用意されています。

パブリックスペース「OMOベース」も、かなり広く設けられていて

ライブラリーでは、OMO7大阪オリジナルの商品も販売されていて、多くのお客様にご利用いただけるようになっています。

レセプションで、チェックインを済ませて

館内の撮影させていただきました。

2Fのエントランス前には、宿泊者専用のロッカーが設置されていて

ルームウェアも、大阪らしいビリケンや通天閣などのモチーフのかわいらしいマークが入ったものが用意されていました。

ご宿泊されるお客様やOMOダイニング・OMOカフェ&バルを利用されるお客様専用のガーデンエリア「みやぐりん」は、テーブルやチェア、ソファー席が設置されていて

新今宮駅のホームと同じ高さに設計された席なども設置されていて、OMOカフェ&バルで購入したものを持ち込んで召しあがっていただくことも可能。

夜になると、ネオンが点灯して雰囲気の良い「PIKAPIKA NIGHT」や、なにわネオンアートイベントなども開催されます。

今回は、OMO7大阪の館内施設を中心にご紹介させていただきましたが、次回からタイプ別に魅力の詰まったゲストルームや、OMOダイニング、OMOカフェ&バルで提供されるフードメニュー、OMOブランドならではのOMOレンジャーと巡る大阪らしい体験アクティビティも、ご紹介させて頂く予定ですので、こちらもご期待ください。

ホテル館内の様子がわかるイメージ動画も撮影させていただいておりますので、こちらもご覧ください。

★タイプ別のゲストルーム紹介記事はこちら

【 OMO7大阪 by 星野リゾート 】

〒556-0003 大阪府大阪市浪速区恵美須西3-16-30
TEL 050-3134-8095(OMO予約センター)
チェックイン 15:00
チェックアウト 11:00
https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/omo7osaka/
公式Facebookはこちら
公式Twitterはこちら
公式Instagramはこちら

★いつもの取材とは一味違う、お店のリアルな裏側がみえる密着ロケ動画チャンネル FOOD TOURISM JAPAN ぜひチャンネル登録・高評価いただけると、とてもうれしいです。

Translate »