本日、ご紹介するのは、大阪府池田市の老舗温泉旅館「伏尾温泉 不死王閣」さん。

前身となる料亭「伏尾の鮎茶屋」として、1933年(昭和8年)に創業し、80年以上。現在の旅館として営業しはじめたのが、1963年(昭和38年)で、まもなく60年を迎える老舗旅館。

どこな懐かしさを感じるレトロな館内は、ゆっくりとくつろげる空間で、海外からの観光客からも人気で、日本の古き良き旅館に宿泊したいという方も多く、ここ最近のホテルにはない、日本らしさを満喫できる歴史ある温泉旅館。

大阪市内からも車で30分とアクセスも良く、阪急池田駅から無料送迎バス(要予約)も利用可能ということで、年齢を問わず宿泊だけでなく、0泊2食でお食事のついた日帰り入浴で訪れる方も多く、撮影日もフロントは賑わっていたのが印象的です。

庭を眺めながら過ごせる喫茶スペースやテラス席、お土産を購入したり、うどんや蕎麦などが味わえる「くれは亭」も営業されています。

不死王閣さんは、様々なタイプの客室があり、こちらのお部屋は、1~3名様でご利用いただける和室&洋室ツイン。

こちらのお部屋が、標準タイプの和室で5名様までで宿泊が可能。

露天風呂や大浴場の他にも、露天風呂付きの客室も数タイプ用意されていて

お部屋からの景色を眺めながら、ゆったりと温泉につかることができるお部屋も大人気。

グループやご家族で宿泊される方向けのタイプにも露天風呂が設置されていて

大きくて広々とした、露天風呂が設置されているお部屋もご利用いただけるのが魅力の温泉旅館。

特に最近は、密を避けゆったりと温泉を利用したいというお客様や、大浴場内に設置されたサウナで整えるために定期的に訪れるサウナーにも人気だそうですよ。

 
今回は、客室を中心にご紹介させていただきましたが、広々とした大浴場やサウナ、景色も抜群な様々な露天風呂に、老舗旅館の絶品グルメなども、ご紹介させていただきますが
今回もイメージ動画を撮影させていただいておりますので、肌寒いこの季節にぴったりな温泉旅館をお探しの方に、ご覧頂きたいと思っております。
 

【 伏尾温泉 不死王閣 】

〒563-0011 大阪府池田市伏尾町128-1
TEL 072-751-3540
https://www.fushioukaku.co.jp/
公式Facebookはこちら
公式Instagramはこちら

Translate »